矯正下着を選ぶポイント

 

補正下着・矯正下着の通販人気ランキング『最新版』

 

矯正下着は日本製、外国製、色々あります。価格もピンキリですが、高ければいいというものでもなく、初めて矯正下着を買うという方はなにを基準にしたらよいか迷います。

 

矯正下着を選ぶ最大のポイントは”サイズ”です。サイズが合わないと感じたら絶対買わないこと。サイズが合わないと、逆効果で余計に体型を悪化させることになります。

 

サイズがピッタリ合うことで、余分な脂肪が正しい位置へ移動し、ボリュームアップやサイズダウンを可能とするのです。また極端にきついいものや、大きすぎるのもNGです。

 

毎日着るものですから、着ていて苦しいものや着心地が悪いものも避けた方が良いでしょう。

 

矯正下着をつけて効果が出てきたら、サイズの見直しのために買い替えをしなければいけません。同じものをずっとつけていたのでは効果が台無しになってしまいます。サイズが変化したと実感したら買い替えのサインということです。

 

自分の体型のどこをどんなふうに矯正したいか、目的を明確にすることも大切なポイントです。それによって選ぶ下着が決まってきます。これを間違えると効果は現れず逆に思わぬ場所に脂肪が移動してしまうということにもなりかねません。

 

切らない脂肪吸引とも呼ばれる方法としては、痩身エステで今人気のキャビテーションという方法もあります。

矯正下着の正しいつけ方

 

補正下着・矯正下着の通販人気ランキング『最新版』

 

矯正下着は、脂肪を本来の位置に移動させ、定着させるという効果があります。それにはつけ方を間違えると逆効果になるので、正しいつけ方を知る必要があります。

 

ロングブラジャーやスリーインワンはホックが10個くらいあるので、前で止めてから上半分を折って後ろに回します。そして中心を合わせて、折り曲げた部分を元に戻しストラップを方に通します。着物の帯を前で作って後ろへ回すようなしぐさですが、帯のように上と下を持って力任せに引っ張って回さないようにします。

 

次に前かがみになってバストをカップに収めますが、背中やお腹などからもお肉をかき集める要領でするのがポイント。下着の中にお肉がみっちりと収まったかんじがします。でも動いている間に少しずつ戻ってしまいますから、トイレなどのついでに時々直しましょう。

注意点

 

補正下着・矯正下着の通販人気ランキング『最新版』

 

矯正下着は流れてしまった脂肪を元に戻すことで、体型をよくすることを目的としています。ですから、矯正下着をつけて体型が悪くなったり、苦しかったりするのは、サイズが合っていないためです。サイズの合う矯正下着に変えることで解決します。

 

サイズの合わないブラジャーやショーツは、はみ出し肉や締め付けで皮膚に色素沈着を起こすことがあります。アンダーバストのあたりやウエスト周りに黒ずんだ線を見つけたら下着のサイズが合わない可能性があります。

 

また、足のつけ根などのリンパの流れを阻害することから、冷え症や血行不良の原因になることもあります。

 

矯正下着は昔、健康を害するのではないかと言われた時代がありましたが、それはサイズが合っていないからです。サイズが合えば、かえって健康的であるとさえ言われています。

 

矯正下着の多くは正しくつければ、見た目ほど苦しいものではありません、人によっては、1日を姿勢よく過ごせて、気持ちもしゃんとするという方もいます。

 

下着姿をキレイに見せたいならムダ毛処理は欠かせませんね。
参考→【Vライン脱毛の範囲・形は?】ビキニライン脱毛は痛い?恥ずかしくない?

矯正下着について

 

補正下着・矯正下着の通販人気ランキング『最新版』

 

女性にとって体型は常に関心の高いものであり、それは今も昔も変わらないようです。矯正下着の歴はとても古く、コルセットと言われる下着は紀元前世紀から10世紀頃の古代ギリシャの絵にウエストを細く絞った服装の男女が描かれています。

 

当時の衣類は、ゆったりした布を身体に巻きつけただけのタイプが一般的でしたが、女性の胸の部分はきっちりと布が巻かれるスタイルだったようです。当時は乳房が堅くしまって、垂れていないことが女性の若さとも考えられていたので、コルセットで補正していたと言われます。

 

中世の西欧では、コルセットは男女ともに使用されていたと言われます。当時のファッションは胴の部分で身体にピッタリ合う衣服をつけていました。女性の衣服は、フープスカートと言って、胴から下がチューリップのように広がった衣装がはやり始めていたため、ウエストを細くする必要があったのです。

 

アメリカ映画の「風と共に去りぬ」のワンシーンで、黒人乳母がスカーレットのコルセットをギュッ、ギュッと絞めている場面が印象的でしたね。

矯正下着とは

 

補正下着・矯正下着の通販人気ランキング『最新版』

 

矯正下着は補正下着とも言って、衣類の下に着用して、体型を整え衣類の美しいシルエットを造りだすためのものです。近年、日本ではファンデーションとも呼んでいます。

 

このような下着を着用するのは、身体にピッタりフィットする衣類を着るときなど、身体のシルエットが出てしまう場合などが多いのですが、つねに美しい体型を維持したい、あるいは、崩れた体型を改善するために矯正下着を日常的に着用する女性が最も多いようです。

 

また、身体のどの部分を補正するかによって、つける矯正下着が違ってきます。
矯正下着の主な世界的メーカーとして、MARUKO、コレール、ブラデリス、トリンプ、ワコール、アツギ、木屋などがあります。

 

矯正下着は、通常のブラジャーより丈が長い「ロングブラ」や「スリーインワン」が基本になっています。スリーインワンは本来はブラジャー・ウエストニッパー・ガーターベルトの3つの機能が1着に収められたファンデーションのことです。ウエディンドレスに利用されることが多いです。ただ矯正下着にはガーターベルトがついていないことが多いようです。

 

補正下着・矯正下着の通販人気ランキング『最新版』

更新履歴