「ブラジャー」

ブラジャーはどんなものでもすでに矯正下着といえます。昔と違ってただ覆う、保護するものから、寄せて上げる機能を備えたブラジャーが主流になっているからです。

 

しかし、わざわざ矯正下着として売られているからには、特別な種類や構造に意味があるのでしょうね。
ブラジャーをつけている時は形のよい胸をキープできていますが、ブラジャーを外すと一気にサイズダウンしてしまいます。

 

矯正下着のブラジャーなら、下着を外した時のことまで考えて作られています。
これを身につけ続ければ美しいバストラインが保てるようになるのです。

 

まず自分のバストのサイズをしっかり把握する。これは自分で測るより下着売り場の店員さんに計ってもらうのがお勧めです。
そしてブラジャーは必ず試着することです。

 

カップサイズ、アンダーバストのサイズ、締め付けで苦しくないか、動いた時ズレないか、デザインは?などを試着して確かめましょう。つけ方についても店員さんに正しい方法を教えてもらいましょう。

ブラジャー選びのコツ

ブラジャーを選ぶ際に一般的なサイズとデザインだけではなく、カップの大きさや素材などにも注意したいです。

 

間違ったブラジャー選びをすると、胸が垂れてしまったり、身体のラインが崩れたり、バスト自体の形が悪くなる、バストが左右に開いてしまう、左右のバストの高さが違ってしまう、肩こりを引き起こすなどの弊害が出る可能性があります。

 

<小さめバスト>「3/4カップ」・「1/2カップ」のブラジャーをおススメします。バストアップ効果が高く、きれいな谷間ができてボリュームアップして見えます。ワイヤー入りならサイドの脂肪を中央に引き寄せて固定してくれます。

 

<大きめバスト>バスト全体を包み込んで引き上げる「フルカップ」ブラジャーを選ぶとよいでしょう。さらにサイドの脂肪を集める機能性の高いブラジャーなら、脇をすっきりと見せてくれます。

 

<タレ気味バスト>ある程度の年齢になるとバストは下に垂れてきます。補正効果が高く、ワイヤーなどでバストをしっかり持ち上げるタイプを選びます。

 

<左右のバストサイズが違う>左右のバストサイズが異なる人は、大きい方のバストにあわせてブラジャーを選びましょう。小さい方にはパットなどで補正します。

 

バストの変化はすでに20代から始まっています。20代の方でも、ブラジャーは補正機能のあるものを選ぶようにしましょう。

「ショーツ」

なにげなく毎日つけているショーツ、どんなものでも大差はないと思っているなら、それは間違っています。自分では後姿は見えませんが、他人はちゃんと見ています。特にパンツスタイルのときにはショーツ選びに注意しましょう。

 

スリムなパンツスタイルの女性の後姿はつい見てしまうのがお尻のあたり、2段尻だったり、丸みがつぶれてピーマン尻ってこと、よくありますね。これはショーツのサイズがあっていなかったり、合わないガードルのせいです。

 

小さ目のショーツなどは、お尻の肉がはみ出して太ももに流れてしまって、2段尻ができてパンツにひびいているのです。普通のパンツスタイルでも前かがみになったときなどショーツの縫い目などがアウターにしっかり出てしまうこともあります。

 

矯正下着用のショーツは、ガードルやボディスーツを着ることを前提に作られています。矯正下着をつける際には専用のショーツを着用することをおすすめします。

 

ショーツ選びはどんなファッションをしても、アウターにひびかないものであることが大切です。見えないからなんでもいいではなく、見えないところだからこそ気を配ることで自信がわいてくるのです。